Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
counter
合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

バイアグラ・販売パチンコ痔ろう熟女・出会いセックスフレンド・出会い
音楽聴くなら
 iTunes Store(Japan)
ジャパネットたかた
ジャパネットたかた:エコ家電特集!
ファッション・美容
セブン-イレブンネット ファッション・美容
ブックオフ
ブックオフオンライン 連載中コミック一覧ページでカンタン検索
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
台湾 「新型インフル濃厚」発表1時間半後、「違った」
 台湾の衛生署(衛生省)は11日未明、米国から成田空港経由で5日に台北に戻った母子について「新型の豚インフルエンザに感染している疑いが極めて濃い」と発表したが、約1時間半後に取り消した。感染は普通のインフルエンザで新型ではなかった。

 葉金川・衛生署長(衛生相)が午前零時(日本時間午前1時)すぎに会見し、「9割以上の確率で新型インフルエンザに感染している」「すでに感染例として対処している」と発表したうえで、母子を台北市内の病院に隔離し、台湾内の感染症警戒レベルを引き上げる措置を講じたことを明らかにした。

 ところが午前2時前、ウイルス遺伝子検査の結果、母子の感染は新型ではなく季節性インフルエンザであることが判明したと再発表。警戒レベルも元の状態に引き下げた。

 台湾の中央通信によると、今回の騒ぎについて衛生署疾病管制局の施文儀副局長は「母子から採取した検査サンプルが少なく、簡易の1次検査は陽性で、2次検査でも弱い陽性の反応が出た。母子にはインフルエンザの症状が出ており、世界保健機関(WHO)の分類でも極めて疑いが濃い状況だった」と説明している。

 衛生署は公表の遅れが批判を招くことを懸念して最終確認前の段階であえて公表したが、会見前に情報が漏れ、地元メディアが「初の病例が確認された」と報じ始めた。

posted by: shuuto | ニュース | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:56 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://shuuto.jugem.jp/trackback/2173
トラックバック